Trousers, MENS, Cotton, Sateen

注目は、タブを使い腰で絞って穿くシルエット。先ほどの、腰裏がチェーンステッチ・2本針で一気に縫うがために、シルエットが制約を受けています。

 

いわゆる、通常のジーンズなどのシルエットです。

A・Bがステッチ位置で、その長さがそれぞれ違うことがわかります。

これを、無理やり2本針ミシンで一気に縫おうとすると、どうしてもBステッチの寸法が足りず、身頃にタック(生地が折り重なってしまう部分)ができてしまいます。

ジーンズの場合、この身頃の上に四角いウェストベルトがつくため、たとえ2本針ミシンでウェストベルトを身頃に縫い付けても問題が起きません。

一方で、今回のようなトラウザーの型紙。

特徴は、フロントの角・バックの角がそれぞれ直角に近いこと。また、脇の絞りがほとんどないこと。

結果として、A・Bの寸法はほとんど同じで、これならば2本針ミシンでも問題なく縫うことができます。

ただ、このままだとウェストのフィットが悪いので、タブをつけて絞る事で、ある程度ウェスト周りのフィットを確保しています。

このように、トラウザーにしろ、ワークパンツにしろ、そのアイテムらしさは、縫製方法、そして縫製方法によりある程度型紙が制限を受けることで「そのアイテムらしい」型紙・シルエットが出来上がるのです。

この「らしさ」を殺さないようにしながら、現代にも通用するシルエット・型紙を作る事が、ここ数年、私が目指していることでもあります。

脇に付けられた、ウェスト絞りのタブ。絞らない場合はボタンもつけずにそのままです。

片方だけ絞る、両方絞る、ボタンの位置を付け替えるなどで、多様な希望(きつめがいい、ゆるめがいい)に対応できます。

 

 

 

Workers