酒場の時代 常盤新平著

常盤新平氏による「酒場の時代」。副題は、1920年代のアメリカ風俗。

1931年生まれの常盤新平氏は、1920年代アメリカに関する多くの著作を書いています。

私自身、1920年代をキーワードに、本を探していたところ偶然、この「酒場の時代」に出会いました。

 

1920年1月16日深夜から実施された禁酒法(ウォルステッド法)にまつわる、様々な事柄、もぐり酒場(Speak Easy)やブートレガー(密造酒に関わっていたギャング)などについて、情感豊かに、各書参考文献を紐解きながら描いています。

 

それだけでも、とても楽しい本なのですが、更にビンテージレプリカ好きには見過ごせない章、「異説マッコイ物語」があります。

この中では、the real McCoyという言葉の語源、その諸説の中にはかの「ジョーマッコイ」ことジョゼフマッコイについても触れられています。

 

かつて、リアルマッコイズは自社のカタログで、たぶんに叙情的に、1900年代アメリカを表現していました。

そこには、「酒場の時代」のような様々な、参考資料・バックグラウンドがあったのではないでしょうか。

back to Pick & Choose

 

Workers