Regular Collar Shirt, Brusued Twill

フロントは乗せ前立て。乗せる生地の中には芯を入れています。この芯が大事で、今回のような比較的糸自体のよりも緩く、織も粗い、さらに起毛もかけてあるような生地の場合、ボタンホール部分がすっぽ抜ける事があります。ホールの強度に生地が負けるわけです。それが無いようにしてくれるのが、この中に入れる芯。

これも、単純に強度を考えればガチガチの物を入れればよいのですが、そうすると表生地のせっかくの柔らかな風合いを殺してしまう。そこで、いろいろな芯を試してみて決めます。今回は、洗うと中で接着がはがれ、ふらし芯になる物を使っています。

 

ポケットはホームベース型。
力のかかる角は三角に縫うことで、面でその力を受け止め分散するようにしています。

思い出すのが学生時代、最初に作ったシャツはここをただ返し針しただけでした。全体の縫い目が下手、シルエットが変、ラッパ(金具)も専用ミシンも使わないのでどうしても「既製品」らしくない。一言で言えば「がっかりした出来」でした。

その後、徹底して古着にせよ、現行品にせよ自分が魅力を感じた製品を見ると、このポケットの角のようなとても細かい部分の積み重ねで初めて「既製品だな」と思える製品が出来ていることを学びました。そして、その一つ一つの部分をより良い物にするためにはミシンを、押さえ金を改良し、ちょっとしたアイロンのかけ方を工夫してといった人による創意工夫の積み重ねであることを現場で学んでいったのでした。

 

中庸な長さ・太さの剣ボロ。ここも裏から見て断ち切りが見えないうまい始末に成っています。ぜひ、現物をご確認ください。
矢印は芯止めステッチ。カフスにもホールがあり、また適度なハリがほしいので芯を入れます。水溶性の芯なので、洗うと中ではがれてきます。カフスは襟に比べて巾が広いので、中で芯が遊ばないように芯止めのステッチを入れます。これは、表カフスだけの状態で芯をはり、止めのステッチを先に打っておきます。そのため、裏にはステッチが貫通していないのです。

 

 

無題ドキュメント

Detail
各部詳細

   
                   
                     
         

無題ドキュメント
Lineup-ラインナップ
クリックすると、より大きな画像・サイズバランスなどをご覧いただけます。
Regular Collar Shirt, Brusued Twill Blue Grey Regular Collar Shirt, Brusued Twill Chacoal Grey Regular Collar Shirt, Brusued Twill Navyl Grey Flannel Shirt, Color A Flannel Shirt, Color B Flannel Shirt, Color C
           
M-65 Mod, OD M-65 Mod, Black M-65 Mod, Navy Prisoner Coat, Grey Prisoner Coat, Navy Prisoner Coat, Plaid
           
 
EZ Baker, Slim, OD EZ Baker, Slim, Indigo Baker, Slim, Grey Fishing Pouch, OD Fishing Pouch, Black  

 

 


Workers