Moonglow Jacket

身頃の裏地はシャツ生地を。現代的なジャケットであればここもキュプラにすると思いますが、やはりWORKERSではあえてコットンブロード(シャツ生地)で、カジュアルさとがっしりした雰囲気を。

 

内ポケットは、古いブルックスのようにダブルの押さえステッチ。実際、玉ぶち布がよく落ち着くので着ていて袋布があたる感じを抑えてくれます。

 

裾のゆとり部分。裏地がつれないようにゆとりを入れています。これは袖口も同じ。WORKERSの作るジャケット、あくまでカジュアルジャケットです。毛芯も使っていませんし、ハンド部分もありません。オールミシン縫いです。それでも、パターンやディテールで「ジャケットらしさ」「ジャケットとしての機能性」を表現できるところではできる限り仕様を盛り込んでいます。すごく見えづらい部分ですが、とても大事。長く着ていると表生地・裏生地の縮率差が出てきます。そんな時もこのゆとりがあれば、ショックアブぞーバーの役割をしてくれます。

パターンだけでもわかるのですが、仕様書にもこんな風に指示しています。

 

腰は右身頃側にチェンジポケットあり。わかりづらいですが身頃は3面構成。

 

これもジャケットならば当たり前の仕様。前端のステッチを行くときに、返り線より上はラペル側(見返し側)が縫い目の表目。そこから下は身頃側が縫い目の表目になるように、一回ステッチを切っています。
本格的なテーラードジャケットであれば当たり前の仕様です。でも、カジュアルジャケットだとついつい省略されていたりする仕様なのです。

表目が綺麗、裏目が汚いという、見た目だけの問題もありますが、それ以上に前端がはねる(外方向にカールする)のも防いでくれます。
ステッチは、どんなに上糸・下糸のバランスをとっても若干、下糸側に巻き込むというか、カールするというか。その特性を利用して、ラペルはラペル側から、前端裾に向かっては表から縫うことで、それぞれ布の向く方向を変えています。(うーん、説明が難しい)気になる方は展示会のときに直接聞いてください。

WORKERSでは、Lounge Jacketでも同じように始末しています。カジュアルジャケットだけど、ジャケットとして最低限抑えなければいけない部分は抑える。それが、WORKERSのカジュアルジャケットを特別なものにしてくれている・・・(と信じています)

 

 


無題ドキュメント
 
Fatigue Shirt, Reversed Sateen, OD Fatigue Shirt, Reversed Sateen, 2-Tone Fatigue Shirt, Flat Denim   Big Work Shirt, Blue Chambray Big Work Shirt, White Chambray Big Work Shirt, Twill Big Work Shirt, Flannel
               
Raglan Sweat, Grey Raglan Sweat, Black Raglan Sweat, White Raglan Sweat, Khaki Zip Parka, Grey Zip Parka, Black Zip Parka, White Zip Parka, Khaki
               
       
Sweat Pants, Grey Sweat Pants, Black Sweat Pants, White Sweat Pants, Khaki        
               
Moonglow Jacket, Wool Cotton Serge Moonglow Jacket, Wool Linen Serge Moonglow Jacket, Wool Serge Moonglow Jacket, Stripe Denim Mountain Parka, 60/40 Cloth, Green Mountain Parka, 60/40 Cloth, Navy Mountain Parka, 60/40 Cloth, Yellow Mountain Parka, Ventile, Russet
               
 
Moonglow Trousers, Wool Linen Serge Moonglow Trousers, Wool Serge Moonglow Trousers, Covert Stripe   Railroad Jacket, 10 Oz Denim Railroad Jacket, Wool Serge Railroad Jacket, Wool Melton Hand Tailored Tie

 

 


Workers