Silk Repp Tie-Navy/Silver

Brown-Burgundy-Cream

Navy-Heather Grey


Heather Grey-Navy-Silver

品名 Silk Repp Tie
素材

シルク100%

価格 8000円(本体価格)
8640円(税込)

シルク100%のレップタイ。
織機には基本的に「黒経て」「白経て」、どちらかがかかっており表面上はほぼ 緯糸(よこ糸)のみが柄として現れます。今回は落ち着いたトーンが見える「黒経て」に。柄は巾・色を指定して別注で作ります。

新たな色に「Heather Grey」を使いました。いわゆる「杢グレー」。通常のグレー とは違う、グレーと白が混じったトーンが特徴。

レジメンタルタイ、柄の流れはアメリカ式に左上から右下に流れるよう、裁断。 縫製はあえてミシンステッチで剣先を三つ巻き。剣先に裏地がつかない分、軽 やか。 いわゆる「現代のトラッドな服」、品質はとてもよいのですが、どこか重く感じる。一方、ビンテージで見るそれはある意味チープな部分がありつつも、軽やか。そんな軽い仕様を取り入れたWORKERSのRepp Tie。時間とともに変化を感じることができます。

長さ:約142センチM
大検巾約7.5センチ/小剣巾約4.5センチ

大剣、小剣先にはあえて裏地をつけない。三巻仕様。薄く、軽く仕上げたかった事。アメリカの古いネクタイ見ると、素材のチープさも相まってとにかく薄い、軽い。ただ、アメリカの場合それを推し進めて最後はポリエステル100まで行っちゃうやりすぎ感なのです。
素材はもちろん、シルク100。でも仕様は軽く。これが剣先まで裏地付になると、現代の百貨店で売ってる物と同じに成ってしまうのです。
う〜ん、マニアックだけど、昔のアメリカ服みられるこの「軽やかで要点は抑える」を再現したいのです。

 

もちろん、本体内には芯入り。この芯も極力薄く、結んだ時にノットが小さくなるように。

 

やっぱり、シルクのタイにはこんなMAKERSタグがついていないと・・・
 

 

無題ドキュメント
Lot 805 Super Slim Straight Jeans

   
  Tie Clip, Arrow Tie Clip, Stripe  
       
Navy-Silver Brown-Burgundy-Cream Navy-Heather Grey Heather Grey-Navy-Silver

 


 


Workers