FC Knit, Medium Weight, Crew

首リブはセーターを編む横編み機(Flat Knitting Machine)、身頃はTシャツを編む丸編み機(Circular Knitting Machine)で編んで合体させたFC Knit。

Tシャツの扱いやすさと、セーターのすっきりした雰囲気を併せ持つ製品。首回りはリブを横編みで作っています。ここも丸編み機を使ってリブ(フライス)を編むこともできるのですが、あえてセーター編み機で作って、よりセーターっぽさを強調しています。

 

 

首回りは緩すぎない、中にモデルはヘインズのTシャツ、かなり首が詰まったものを着ていてちらっと見える程度。

 

身頃の天竺編み、首のリブ編み、同じ糸を使っても編み方、編み機が違うのが良くわかる部分。

 

セーターにはない、カットソー的な部分がこの肩から後ろネック。通称「タコバインダー」と呼ばれる伸び止めの補強。裏にリブを当て、左右を織り込みながらチェーンステッチミシンで縫う。表にはチェーンステッチが見えています。 これがあるだけで、本当に肩の伸びがかなり止められます。洗濯後、ハンガーで釣り干ししても伸びづらい。(もちろん、平らに干した方が良いのは良いのですが)

 

袖口も横編み機で、セーター風に。縫い目部分は薄く地縫い。いわゆるリンキングとは違うのですが、かなりそれに近い雰囲気になるように薄い縫い代。
このあたりは、以前作ったニットキャップで教えてもらったやり方。(あのキャップのタテハギも一部、薄く縫製していました)

 

首リブのつなぎ目。ここも見えませんが、中は先ほどの袖口と同じように薄く地縫いをしています。薄いからゴロゴロしない、でもほつれないように横編みの「成型」と呼ばれる技術で編み目が止まっている。ボロボロほつれていかないようになっています。

 

裾と袖口のリブ。セーターの場合、身頃から裾、袖から袖口は一続きで編まれるのに対し、こちらは切れ目があって縫っています。まず、一度地縫いしてから扁平縫いという裏にロック目が出る縫い方で縫い目をつぶします。二度縫うので伸びづらい、強度がある、縫い目が平らになっているので体に当たった感じが弱い。

 

 

   

 

無題ドキュメント
   
Band Collar Shirt White Chambray Band Collar Shirt Indigo Chambray Band Collar Shirt Black Chambray Band Collar Shirt Indigo Calico    
           
   
Basic Work Shirt Blue Chambray Basic Work Shirt Blue Covertcloth Basic Work Shirt Khaki Twill Basic Work Shirt Indigo Check    
           
FC Knit, Medium Weight, Crew Grey FC Knit, Medium Weight, Crew Chacoal FC Knit, Medium Weight, Crew Black FC Knit, Medium Weight, Cardigan Grey FC Knit, Medium Weight, Cardigan Chacoal FC Knit, Medium Weight, Cardigan Black
           
Baker Pants, Standard Fit OD Baker Pants, Standard Fit Light OD Baker Pants, Standard Fit Sage Green Baker Pants, Slim Fit OD Baker Pants, Slim Fit Light OD Baker Pants, Slim Fit Sage Green
           
     
Cowboy Jacket Cowboy Jacket, Black Stitch Cowboy Jacket 13 oz, Cotton Serge      
           
   
Cruiser Vest Reversed Sateen, OD Cruiser Vest Reversed Sateen, Black Cruiser Vest Grey Homespan Tweed
Sorry Sold Out
Cruiser Vest Brown Homespan Tweed
Sorry Sold Out
   
           

 

 


Workers