Lot 802 Slim tapered Jeans, Wawhed

 

品名 Lot 802 Slim Tapered Jeans, Washed
素材

13.75オンス・コットン100%・右綾デニム 未防縮

附属

オリジナルボタン・銅リベット

縫製 総綿糸・6番〜30番使用
価格 20000円(本体価格)
21600円(税込)

ひたすらWORKERSの定番ジーンズ、Slim Tapered FitのLot 802。これをひたすら水洗い・乾燥機を繰り返し色見本を作りました。その見本をもとに加工で作ったのが本製品。

加工したジーンズ、ヒゲやハチノスも良いものですが、どうしても人が穿くとばっちりその位置は合いません。だったら、そういう部分は取っ払って「色」に注目したらどうか。 私自身、色が落ちたジーンズが穿きたいなと思うときはあります。この上着だったら、少しくだけた感じの色落ちしたジーンズが欲しいな・・・そんな感覚です。昔のように「バッキバキのハチノスが!」とか「ヒゲが!」とかはあまり思わなくなっているのに気づきました。

Lot802はジーンズ単体、物を作るというアプローチで作っています。米綿100にこだわった糸作り。合成インディゴ100%の染め、力織機を使った織布、色が落ち縮みも出る縫製糸などなど・・・でも、それはあくまで、「物」としてのアプローチ。「物」として納得いくものを作ったうえで、最終的にはそれを「どうコーディネートするか」「どんなシチュエーションで着るのか」。そう考えると、色のバリエーションが欲しいと思ったわけです。

加工のポイントは「色」。ワンウォッシュよりはしっかり落ちている、でも落ちすぎていないきれいなブルー。ヒゲやハチノスは前述の通り無し。ただ、セルビッジジーンズのポイント、脇のセルビッジはしっかり出るように。同じく、後ろヨークの巻縫い部分も少しだけ加工で触ってパッカリングを出しています。夏は色落ちしたジーンズが穿きたいですし、秋にもツイードのようなカジュアルさのあるジャケットには良く似合うと思います。

 

ご注意:ワンウォッシュ済の製品をお送りいたします。未防縮/毛焼き無しのキバタ生地につき、本来デニムが持つねじれ/コットンの毛羽が表面に見られます。インディゴ染め製品につき、着用および洗濯で他製品に色移りをします。

 

 

SIZE CHART 洗い後の実寸で単位はセンチです
サイズ 27 28 29 30 31 32 33 34 36 38
ウェスト 69.5 72.0 74.5 77.0 79.5 82.0 84.5 87.0 92.0 97.0
レングス 78.0
前股上 24.0 24.0 24.0 24.0 24.0 24.0 24.2 24.4 24.6 25.1
後股上 35.5 35.6 35.7 35.8 35.9 36.0 36.4 36.8 37.3 38.1
ワタリ 29.0 29.6 30.2 30.8 31.4 32.0 32.6 33.2 34.5 35.8
裾幅 18.0 18.0 18.0 18.0 18.3 18.5 18.8 19.0 19.0 19.0

ワンウォッシュ・乾燥機で乾燥済みの洗い済みサンプルの実寸を測り、各サイズグレードしています。
前また上はクロッチ(後ろ身頃との境目)からウェストのベルトつけ位置まで。
後ろまた上はクロッチ(前身頃との境目)からウェストのベルトつけ位置まで。
ワタリはクロッチ部分を水平にはかっています。表記サイズをほぼ洗い上がりサイズにしています。

サイズを選ぶ際は、股上の深さに注目してください。お手持ちのパンツで、股上の近いものを探し、そのパンツのウェスト周りと、上記寸法表を比較しサイズを選んでください。
サイズが合わない場合は未洗いであれば返品、在庫があれば交換も可能ですので、お気軽にご注文ください。

 

全体に色落ちしているが、ヒゲは無いフロント。ヒゲは陰影でできるので、ここから穿いたとしてもシワがある程度「ヒゲ」的な役割を果たしてくれます。
バッキバキに色の差がついたヒゲが欲しい場合、生から穿くとか、OWから穿く、洗いの回数を減らすといった事が必要ですが、適度にシワがあるな程度であればここからでも十分です。

 

 

「アタリ」と呼ばれる、部分部分の色落ちは、人為的に手作業でこすらなくとも、洗うことで自然と出てきます。縫い代、生地のねじれ、縫製糸と生地の縮率差。そういうものが生む部分は、誰がどうはいても、どう洗っても「結局は出る」部分のようです。
ループの真ん中のアタリ、帯に入った身頃のシワのアタリ。そして、タックボタン、リベットの経年したかのような変化。

 

過度な加工はしていないので、色はきれいに落ちていますがステッチはまだまだ元気です。人がはいてここまで落とすと、どうしても、ウェスト裏はこすれてステッチが多少傷んできます。色落ちの「おいしいところ」を長く楽しめる、加工の良い部分でもあります。

 

バックヨークの、後ろポケット口のパッカリング。二本針で縫った部分の真ん中がデコボコしているので、そこの色がきれいに落ちています。
帯も生地自体がねじれるので、そのねじれがシワになり、山部分が色落ちする。

 

脇割りのパッカリング。この部分はどうしても綺麗に出てほしかったので、縫い上がったあとただ割るだけでなく、裏に弱い接着芯を張って耳が完全に割れた状態を作ってから加工に入れます。

 

 


Workers