Officer Trousers, Slim, Type 1

片玉縁+フラップ。単純に物が落ちないのと、穿いたときにヒップの丸みでポケットの口が開くのを防いでくれます。

 

後ろ中心のループは縫い目をまたいでカンヌキで止めています。

 

裏から見ると、先ほどのループがど真ん中にカンヌキで乗っているのがわかります。
そのうえ、ネームはARMY OFFICER'S TROUSERSからイメージをいただいて、WORKERS OFFICER TROUSERSと入れています。

 

コットンだけどウール風に見えるYarn Dyed Twill

 

こちらはウールトロピカル

 

今回のTYPE 1は内また・外股ともに割り仕様。この仕様だと、普段、ドレスウェアよりを作っている工場さんで作れる仕様。実際、MIL-T-2064Aというチノパンのスペックを見た時にも、脇がダブルステッチ(巻縫い)と割り、両方の仕様が載っていました。

本来、「道具としての衣類」を作るための仕様書がスペックです。道具なのだから「ドレスウェアよりの設備を持つ工場」でも「ワークウェア向きの設備を持つ工場」でも、どちらでも作れないとダメなわけです。それを、後年の我々が「これはダブルステッチだ!」とか「こっちは脇割だ!」とか、仕様の違いを楽しんだり、雰囲気の違いを感じたり。

道具としての衣類、それを作る工場の生産設備からくる制約。そういうものが結果として「デザイン」に転化しているわけです。私が、「アメリカの古い服」特に、ミリタリーやワークウェアを面白いと感じる部分はこういう、「デザインの為のデザイン」では無いところから、最終的な「デザイン」が作られているからなのだと思います。そのデザインの「理由」を考えたり、推測するのが面白いのです。

 

 

 


無題ドキュメント
Mountain Shirt Parka, Navy 60/40 Cloth Mountain Shirt Parka, Black 60/40 Cloth Mountain Shirt Parka, Khaki 60/40 Cloth Mountain Shirt Parka, Orange 60/40 Cloth Mountain Shirt Parka, Beige 60/40 Cloth
         
 
Relax Jacket, Ecru Linen Relax Jacket, Navy Linen Relax Jacket, Black Linen Relax Jacket, Black Chambray  
         
   
W&G Jacket, 40/2 High Density Poplin, Beige W&G Jacket, 40/2 High Density Poplin, Olive W&G Jacket, 40/2 High Density Poplin, Navy    
         
 
Officer Trousers, Slim, Type 1, USMC Khaki Officer Trousers, Slim, Type 1, Light Beige Officer Trousers, Slim, Type 1, Yarn Dyed Twill, Grey Officer Trousers, Slim, Type 1, Grey Tropical  
         
 
Officer Trousers, Standard, Type 1, USMC Khaki Officer Trousers, Standard, Type 1, Light Beige Officer Trousers, Standard, Type 1, Charcoal Grey Officer Trousers, Standard, Type 1, Yarn Dyed Twill, Olive Grey  
         

 

 


Workers