Winter Modified BD

型紙はおなじみ、Modified BD。長すぎず、短すぎる、中庸な羽襟。高すぎない台襟。WORKERSの好きな「現代のシャツのようにガチガチに固くない。太いネクタイではなくて、細いネクタイを締める」バランスで設定された各部の寸法。

 

といっても、必ずネクタイをしなくてはいけないわけは当然なく。ネクタイをしない時、この「大きくも小さくもない羽襟」「高すぎない台襟」が 効いてきます。現代のドレスシャツをカジュアルで着ると、何かあの古着のボタンダウンと違うな・・・と感じるのがここだと私は思います。

昔のシャツ→ネクタイが薄い・柔らかい。ノットが細く結べる。だから台襟、特に前中心は低い。ノットの小ささに合わせて、羽襟もそれほど長くない。芯が柔らかい。

それが後に、ネクタイはもっと固く、厚く、くたっとなりにくいように開発が進む。それに合わせてシャツの台襟も高くなる。合わせて羽襟も長めに。
「襟が一日着てもまだガッチリ固いのをビシネスシーンでは求められる」・・・とは、2010年前後、インディビジュアライズドシャツ社長が雑誌のインタビューで答えていました。ガッチリした芯が主流に。

ジーンズが時代を経るごとに、より強度を出すため綿糸での縫製をやめて、強度が出たから隠しリベットも無くなり、生産性を高める為に幅広の生地を使いセルビッジが無くなり・・・というのと同じように、シャツも時代とともに変わってきたのです。ジーンズのように、ぱっと見でわかりづらいから「今も昔もボタンダウンは同じじゃないの?」と思われるかもしれませんが、仕様が変わればやはり着た時の雰囲気は変わります。

 

 

 

無題ドキュメント
   
Winter Modified BD, Blue Heavy D-OX Winter Modified BD, White Heavy D-OX Winter Modified BD, Gunblub Check Winter Modified BD, Flannel Check    
           
   
Raglan Sweater, White Raglan Sweater, Faded Black Raglan Sweater, Orange Raglan Sweater, Grey    
           
   
RAF Sweater, White RAF Sweater, Faded Black RAF Sweater, Orange RAF Sweater, Grey    
           
Baker Pants, Trace MIL-838-D, Surfer Dyed OD Baker Pants, Trace MIL-838-D, Vat Dyed OD Baker Pants, Trace MIL-838-D, Surfer Dyed BK Baker Pants, Slim-Fit, Surfer Dyed OD Baker Pants, Slim-Fit, Vat Dyed OD Baker Pants, Slim-Fit, Surfer Dyed BK
           
     
Moto Coat, Khaki Cotton Gabardine Moto Coat, Beige Heavy Ventile Moto Coat, Olive Light Ventile      
           

 

 


Workers