Tool Bag, w/Leather Handle

今回、地味に付属選びから取り付けまで大変だった亀の甲スナップ。

ミリタリーのバッグではお馴染みです。普通のドットボタンに比べると、力が強く、今回のような硬い素材にも負けません。取りつけ時には、真ん中にオス側が飛び出してきますので、親指を打たないようにご注意ください。

メス側は、刃物で切りこみと穴を開け、金具のツメを折り曲げて取りつけています。ニット等ひっかけないよう、ご注意ください。

 

 

持ち手部分、レザーのパッキンを入れスタークリンチリベットで止めています。

最初はこの部分に、長めのレザーを仮止めして表から持ち手を打ち抜いてみました。確かに、なんとか形にはなるのですが長さは安定しないわ、打ち損じも出るわで問題ありです。(ちなみに、海外製品はそれでOKというものもあります)

そこで、表にあるストラップ、裏のパッキンパーツ、両方に穴を開けて打ってみる事にしました。この段階では、まだパッキンは長方形の革に穴を二つ開けていました。
仮布にはそれで問題なく打てるのですが、サンプルでは問題が。スタークリンチリベット自体、打ってしまうと方向を変えるのが難しい。できたとしても、ストラップ・パッキンごと回ってしまいます。

つまり、穴が二つ開いたパッキンは、最初のリベットを打つ段階でもう一つの穴の方もしっかり合っていないと、後で打てなくなってしまうのです。
これも、何か五寸釘のようなものでも仮に入れておけば何とかなると思いました。実際、仮布ではなりました。

でも、サンプルではダメです。何度やっても、リベット打ち機にストラップ・本体・パッキンをセットしている間に、もうひとつの穴の釘が落ちてしまうのです。

そこで、パッキンを二本穴が開いた物から丸型の一本穴に変更。これでやっと、問題なく打てるようになりました。

ほんの少し仕様が変わっただけ(ストラップ・本体・パッキンに穴を開けずに打つか、穴をあけて打つか)でも、このようにやり方は大きく変わる事を勉強しました。

 

 

無題ドキュメント

Detail
各部詳細

   
             

無題ドキュメント
Lineup-ラインナップ
クリックすると、より大きな画像・サイズバランスなどをご覧いただけます。
   

USN JUMPER
Herringbone

USN JUMPER
Pin Stripe
  Tool Bag, w Leather Handle  
         
   
USN Shirt, Chambray USN Shirt, Poprin   Selvedge Tie  

無題ドキュメント

The Looks.

 

 


Workers