コンビネーションポケットの縫製

今回はHercules Tote Bagの縫製工程を紹介します。

まずは、コンビネーションポケットから。

オーバーオールの胸ポケットの事です。

今回参考にしたHERCULESの場合三枚の表地をつないで一つのポケットとしています。

まずは、右側の部品と真ん中の部品をつなぎます。

このつなぐ部分は黒糸を使います。

正直、白でも黒でも物は同じです。

が、なんとなく白だとうるさく感じたのでしょう。当時の人の「なんとなく」を尊重して黒糸、二本針で縫います。

真ん中の部品には、後々ペン刺しになるシャツ穴をあらかじめあけておきます。

ポケット口を途中まで縫い、一度ミシンを止めます。

それから、二枚の生地を合わせて、そこから下を縫います。

この部分が後で、懐中時計を入れる二重ポケットの口に成ります。

先ほどの、ミシンを止めてステッチをつないだ部分を隠すようにネームを付けます。

 

逆側の部品も・・・

縫います。

こちらはただ縫いとめただけなので、一枚の生地でも良いのですが、デザイン的な事と、後でボタンを打つのでその部分の生地厚み確保もあって切り替えを入れているのだと思います。

懐中時計ポケットは生地が二重にします。

そこで登場するのがスレーキ。

先ほど縫ったポケット本体の上部はオーバーロックをかけておきます。

懐中時計ポケットの中当てになるスレキを地縫い、そして切り込みを入れ・・・

ひっくり返してアイロンで押さえます。

向かって左側も一段下げた位置で折ります。

この下がった部分に後でフラップが付くためです。

ポケット口も二本針ミシンで一気に縫います。
縫い終わりました。

フラップを作ります。

まずはアイロンして形を整え・・・

二本針ミシンで縫う。
角角には、自然と出た糸のワタリが出来ています。

以上で、取りつける部品が完成しました。

ポケット本体は周りをぐるりとアイロンしています。

ここで登場するのがハンマー。

生地の厚みがある部分を薄くするためにたたきます。

これから縫う部分だけでなく、後でスナップを付けるポケット口の厚い部分もこの段階でたたいておきます。

あまり強くたたき過ぎると切れてしまうので、適度にたたきます。

いよいよ、二本針でバッグ本体にポケットを縫いつけます。

先ほどたたいておいた角を通過中。

硬い部分、角の部分は特に気を使って・・

と言う事で縫い上がり。

角角に、やはり糸のワタリが出ています。

後残るは・・・

ペン刺しのステッチを入れます。

 

最後にフラップをこれも二本針で付ければひとまず完成。

後ほど、スナップ、タック、ボタンホール、カンドメを打ちます。

 

バックポケットの縫製/側面底のキルティング

バッグにバックポケットも無いのですが、逆側のポケットを縫います。

こちらはオーバーオールのバックポケットと同じ作り。

まずはポケットの底に当て布と、ポケット口を縫います。

二本針で縫いつけ・・・
周りをアイロンで折ります。
そして、所定の位置へ二本針で縫いつけ。

角角にはやはり糸のワタリ。

ただ、角度が90度では無いので、中途半端な形です。

このデザインというより、製造の都合で「でちゃった」ステッチワークのリアルさが、弊社の持ち味です。

次が底のキルティング、まずは失敗作から。

一見良くできているようですが、キルティングステッチが貫通していないので、後々バッグに組みあげると、糸の止めが表に出てしまい良くありません。

これも失敗時のやり方。

ステッチ定規と紙を使って一定幅でステッチを入れようとしていますが、角度もありかなり難しい。

綺麗には中々入りません。

さらに、底の当て布を最初は表地と同じものを入れてみたのですが、硬さが足りず、思ったように「底当て布」として機能してくれません。

そこでやり直し。

底当て布は6号の防水帆布。硬く、ある程度の厚みもあります。

これを一度横一文字のステッチで止め、型紙を使って印、チャコで印をして縫っていきます。

急がばまわれ。綺麗に作ろうとすれば、手間はかかってもこうする以外ありません。

 

 

無題ドキュメント

How to make them?

   

無題ドキュメント
Lineup-ラインナップ
クリックすると、より大きな画像・サイズバランスなどをご覧いただけます。
Lot1010
Sold Out
Queen of the road 1904 Jacket, Searsucker 1904 Jacket, Navy
       
   
Work Chino Hercules Tote Bag    

無題ドキュメント

Detail
各部詳細

 
   
             
 
     

無題ドキュメント

The Looks.

 


Workers