Polka Dot Shirt

袖に切り込みをいれ、パイピングするように生地で巻くいわゆる「イッテコイ始末」。それをさらに倒してステッチを入れています。

袖のまくりやすさも考え、少し長めの開き。閉じて着たときには開かないように、ボタンをつけています。

カフスの幅・ステッチワークも、やはり、このシャツにふさわしいラウンド+5ミリほどのステッチ。

このあたり、なぜかはわかりませんが、たとえばBIGYANKのもう少し後の年代のシャツと、1910-20年代ごろの今回目指しているようなシャツでいえば、純然と仕様に違いがあります。

カフスの袖付け根側に少し太めに入った ダブルステッチ。カフス先周りは5ミリ程度の1本ステッチ。やはり、目指している年代にふさわしい仕様があり、それらは、古いストアブランドのカタログを見たり、それこそ、雑誌、ネット、好意で見せてもらった実物まで、今まで見たいろいろなイメージが頭の中にあり、自然と選んでいるものです。

自分自身、ワークウェア、ビンテージが大好きなので、「それらしい」仕様でないと何か落ち着きません。

 

 

無題ドキュメント

Detail
各部詳細

 
       
             
 
       

無題ドキュメント
Lineup-ラインナップ
クリックすると、より大きな画像・サイズバランスなどをご覧いただけます。
Lot200 Lot207 Work Vest Polka Dot Shirt Trousers Parachute Jumper Tool Bag, w/Strap

無題ドキュメント

The Looks.

 

 

 


Workers