Champion Shirt

袖ぐり・肩の巻き縫い。ここは1/4インチ(6.4ミリ)の針幅。ちなみに、7月納品のBasic Work Shirtは3/16インチ(0.48ミリ)と細いものにしています。

基本は、厚い生地ほど太い針幅でしっかり巻く。ドレスウェアに近いものほど、細い方が好まれます。

今回のChampion Shirtは、年代としては1920年代、Milton F Goodmanシャツと同じ頃を想定しています。写真ですが、二枚見たMilton F Goodmahシャツの巻きは明らかに太い物でした。そこで、少し太めの1/4インチ幅を選びました。

 

脇のベンチレーションホール。三日月型の補強当て布の上にホールをあけています。

もし、お手元に今までのWORKERSでベンチレーションホールが付いている製品があれば比べてみてください。違いがわかります。

ただ、誤解されたくないのが「電カンの菊穴は悪いもの」「チェーン状の菊穴が良いもの」と割りきれるものではないと言う事です。

電カンの菊穴はシングルステッチです。そのため、チェーン状以上にほつれづらく、また昔の物でもシングルステッチ上の菊穴を使ったものもあります。実際、ミシンもチェーン状の菊穴ミシン、シングルステッチの菊穴ミシン、どちらもあったのです。

ただ、私が今回モデルとしているReliance社のシャツには、明らかにこのチェーン状の菊穴があいたものが多いのです。というより、それしか見た事がありません。

そのため、どうしてもチェーン状の菊穴をやりたかったわけです。

 

 

 

無題ドキュメント

Detail
各部詳細

   
         
                   
                     
               
                 
                     

無題ドキュメント
Lineup-ラインナップ
クリックすると、より大きな画像・サイズバランスなどをご覧いただけます。
Champion Shirt, Blue Champion Shirt, Black Champion Shirt, Green Army Officer's Trousers, Khaki Army Officer's Trousers, Navy
Hidden BD, White Hidden BD, Stripe Hidden BD, Floral Surcingle belt, Wabash Surcingle belt, Polka Dot
   
Lounge Jacket, Dark Madras Lounge Jacket, Cotton Linen

Lounge Jacket, Floral

   

無題ドキュメント

The Looks.


無題ドキュメント

How to make them?

 ミシン紹介1  ミシン紹介2

 

 


Workers