Lounge Jacket

袖口はあえて開きは無し。ステッチも入れません、これは袖丈を修正しやすい仕様にしたいがためです。

何も無くてはさびしいので、ダミーのボタンをつけています。

袖裏はキュプラ。滑りの良いものをつけています。夏のジャケットでは、今まで袖裏も付けませんでした。確かに涼しいのですが、着脱ぎがしづらいのが弱点でした。

少し暑くなるのを取るか、着脱ぎのしやすさを取るかで後者を取りました。

 

フロントのライン、脇への流れていくラインは強すぎないよう気をつけています。

ここを強くすると、いかにもクラシックなジャケットらしさが出るのですが、私自身、ジャケットのラインで好きなのはもう少し後の年代です。(1960年代あたり)

この時代のほうが、中庸でいつまでも着られると感じています。そのため、脇へ切れ込ませすぎないラインにしています。

ポケットは思い切り脇より。着たときに初めて使える位置にあります。

 

 

無題ドキュメント

Detail
各部詳細

   
         
                   
                     
               
                 
                     

無題ドキュメント
Lineup-ラインナップ
クリックすると、より大きな画像・サイズバランスなどをご覧いただけます。
Champion Shirt, Blue Champion Shirt, Black Champion Shirt, Green Army Officer's Trousers, Khaki Army Officer's Trousers, Navy
Hidden BD, White Hidden BD, Stripe Hidden BD, Floral Surcingle belt, Wabash Surcingle belt, Polka Dot
   
Lounge Jacket, Dark Madras Lounge Jacket, Cotton Linen

Lounge Jacket, Floral

   

無題ドキュメント

The Looks.


無題ドキュメント

How to make them?

 ミシン紹介1  ミシン紹介2

 

 


Workers