Sack Coat

 

 ゆったりとアールを描いている細めのラペル。芯は入っていません。

ワークウェアでありながら、どこかジャケットの雰囲気も醸し出したい。そこで見返しつけステッチを打つ際に、ラペルが返った状態まで手でゆとりを入れています。それが矢印部分、生地が余って見えます。ラペルが返るとき、外回りは距離が長くなるための乗り越え分になります。

型紙の段階でもこの返り分のゆとりは入れますが、単純にまっ平らに縫いつけてしまうと消えてしまいます。

襟は最初の襟付け地縫いをガイドにすれば、型紙上のゆとりは消えませんが、見返しの場合は、この「ラペルが返った状態のゆとりを保持してのステッチ」が必要になります。

 本格的テーラードジャケットのように芯を作って、据え付けて、とまではいきませんが、できる限りの工夫で単なるカバーオールがテーラー襟になったジャケットではない、Sack Coatを目指しています。

 

 

 

無題ドキュメント

Detail-Before Washing

各部詳細

 
 
       

無題ドキュメント

Lineup-ラインナップ
クリックすると、より大きな画像・サイズバランスなどをご覧いただけます。

Sack Coat, Black Moleskin Sack Coat, Khaki Twill
   
Trousers, Black Moleskin Trousers, Khaki Light Twill

無題ドキュメント

The Looks.

無題ドキュメント

How to make them?

 

 


Workers