リンキング・ニットの縫製
編立の終わった各パーツは「リンキング」と呼ばれる縫い合わせの工程に移ります。
「成形物」ニットの特徴で、目をひろい、お互いのパーツを環縫いで縫い合わせます。裏にロックが見えないので綺麗、また縫い代がとても薄い(1目や2目分)ので、着た時にごろつきが少ない。その代り、縫い合わせにとても時間がかかる。では、その時間がかかるのはなぜかというと・・・
典型的な丸型のリンキング機。ずらりと並んだ針に、人間が一目・一目二枚の部品を合わせます。実際に縫っているところはこの後動画で・・・
リンキングというとこの丸型だけかと思いましたが、縦型というかまっすぐ針が並んだものもあります。

この針の間隔、縫う時の目数がゲージによりセッティングが違います。 いちいち、その都度調整して、というわけにも中々いかないのでそれぞれのゲージに合わせて工場には何台ものリンキング機が所せましと並んでいます。 このあたり、同じ巻き縫いでもゲージ(針幅)が違えば何台も必要というのと似た世界です。

 

縫いあがったらすぐに寸法チェック。今回、あえてこの前Vだけ裁断+縫製というリンキングとは違う手法を使っています。設計段階で目数を合わせて作ってあったものがここでずれてしまうのでは?と心配したのですが、そこはさすがの技術でした。

小さな印が見えるでしょうか?これが目数を数えて「ここ!」という位置に入れた印なのです。V部分を縫う段階でもこの印を合わせ、さらに襟のリブをつける時も印を合わせてリンキング機の針に刺していく。 もう本当に、人間の目と、手と、どこまで正確にできるかという世界です。

でも、ここまで丁寧に、精密な仕事はしていてもおばちゃんたちはみなとても謙虚というか、まっすぐというか。 やはり仕事柄、他のセーターも良く見るそうで、「中国製でもとてもきれいに縫えてる物もたくさんある」と、あくまで技術を見ているのです。

「MADE IN JAPANの職人技だ」なんて、本当に精緻で、地道な仕事をしている人は言わないのです。 どこの国で、だれが作っていようと綺麗にできているものは出来ていると、きちっと評価する。そのうえで、そんな製品に負けないよう、目の前の仕事に向き合う。 私はこういう工場の人が大好きです。 では、リンキングを実際に動画で

リンキング from WORKERS Co.,Ltd on Vimeo.

丸型リンキング・縦型リンキング、最後が編みだし部分を取っているところです。
編立時についていた編みだし部分は、縫製後に取ります。

 

リブの継ぎ目はどうするかというと、この長さだとリンキング機にはかからないので手縫いになります。 さらにネームも手縫いでつけ、最終、洗い・検品・仕上げへ。これでやっと、WORKERSのニットの完成です。
 

 

無題ドキュメント

How to make them?

     
リンキング

無題ドキュメント
Lineup-ラインナップ  
Cotton Sweater, Navy Cotton Sweater, Grey
   

 


Workers